10月10日、長野県東御市から関西へAE86の引き取りに行きました。

片道6時間、往復12時間掛かりましたが、価値ある車を手にすることが出来たことに前オーナーに感謝しております。

AE86を引き取りに奈良へ

AE86を引き取りに関西へ

途中のサービスエリアで休憩中

途中のサービスエリアで休憩中

オーナーはもう一台86を所有されているようなのですが、今回の車は殆ど乗らないで手放されるという事で、実走距離は約2万9000キロの希少価値が高い86だと思います。

そして、何より未再生フルノーマル状態の86は市場に少ない事も価値のある事だと思われます。

エクステリアの現状評価

フロントビュー

このAE86レビン前期型は数年間屋外に置いてあったので、それなりに経年劣化の形跡はあるが、凹みらしい大きな傷も無い。

AE86のフロントビュー

AE86のフロントビュー

サイドビュー

左右両方を確認すると、多少の凹み傷はあるようですが、30年以上前の車としては十分な状態だと評価出来ます。

サイドビュー

サイドビュー

リアビュー

こちらも大きな傷は無い。塗装の日焼け状態はそれなりですが、板金したりするような部分は殆ど無さそうな状態。

リアビュー

リアビュー

エンジンルーム

下記の写真は、自社で軽くスチーム洗車した後の写真。軽く洗浄しただけですが、事故歴も無く、光沢のあるオリジナルペイントが顔を出し、かなり良い状態だと思います。

エンジンルーム

エンジン始動には手が掛かりそう

インテリアの現状評価

前部座席

なんといっても、シートの状態が良い事と、ダッシュボードのひび割れが皆無なのが嬉しい。

ダッシュボードの修復はかなり面倒なレストア作業なので、この修復作業をしなくても良いだけ非常に有りがたい。

前部座席

ダメージの少ない室内

メーター

メーターで約29000km。車体全体やシートの状態を考慮すると、この実装距離は納得できる。

上の前部座席の写真にもあるが、白い布製のシートカバーが被せてあるだけでも、激しい乗り方をしていない事が推測できます。

こんなに走行距離が少ないAE86に出会えるとは正直思っていませんでした。

メーター部分

計器類もあまりヤレが無い

後部座席

直射日光により、後部座席のヘッドレスト部分にひび割れがあります。

シートで直す部分は唯一この部分で、あとは大きな修復は必要なさそうです。

後部座席

ヘッドレスト部には僅かに破れがある後部座席

今後の計画

このまま限りなくオリジナルを維持する事に集中。長年不動だったので、来週辺りからとりあえずエンジン始動に挑戦します!

おそらく燃料系の部分が腐食している事が考えられるので、まずはその辺りから手を付けていこうと思っています。

下回りもチェック、ロッカ-パネルの腐食も少なく曲がりも無し、昭和59年車(1984年)にしては、私の経験値で評価すると極上の状態だと思いますが、はたして4AGエンジンは息を吹き返すのか。

 

今後の作業も定期的にブログでアップしていく予定です。