走行距離が29000kmと少ないノーマルハチロク、さすがに30年間の劣化でヒーターコアから水漏れ。

コアの交換の為の作業開始はダッシュボード下回りの分解撤去がけっこう手強い。

エアコンエバボレーターが干渉するが、クリップを外して僅かに数ミリずらす事によって何とか外れます。

 

スポンジ類は劣化でボロボロなので新品に交換の必要有り。

見た目は良さそうだが!!僅かに継ぎ目から漏れがある。

新品コアの組み付け。これはノーマル仕様であるが、寒冷地仕様もあるので注意が必要!(寒冷地仕様はコアは縦横のサイズは同じであるが15mmほど厚くなり容量が大きい)

コントロールボックスの仕切りのスポンジも新品に交換して、何とかコアの組み付け完了。

後は組み付け作業だ!!

翌日は気合を入れて組み付け作業。

外すのはスムーズではなかったが、以外にもエアコンエバボレーターを外さなくても外れた。しかし挿入ちょっと手間取り一汗かきながら何とか設置が出来た。

カセットデッキとラディオが動作しないので再度外して分解修理。

何とかオリジナルの純正カセットとラディオが復元できた。

奇跡の低走行【29,000km】オリジナルAE86が完成しつつある!!