生涯5台目のレストアとなるTE27再生車をドンガラにする

1972年中期型 TE27レビン未再生車のノーマル車両 右前後に追突のダメージは有るものの、車庫保管の為に腐りは少ない。

ノーマルエンジンは絶好調に回る

月に一度はエンジンを掛けていたのでこのままノーマル車両にも搭載可。

フレームにダメージ

駐車中に追突されて右側前後にダメージ有り

ノーマルの足回り

今年中には車体を復元目標

2TGエンジン降ろし

まずはミッションから外しにかかる

順調にミッションが外れる

2TGエンジン下りる。

ワイヤーハーネス外れる

ダメージはほとんど無く再使用可能かな?

スピードメーターの機器類の外し。

メーター類はワレも無く程度が良いので再使用可能だ!

燃料パイプ外す。

ドンガラ レビン

 

いよいよボディーの板金作業に入るが、飛び入り作業もあるのでちょっと時間が掛かりそう!!

次はボディーの板金作業だ!

ボンネット塗装剥離と板金作業

塗装剥離

次はサンドブラスト!

屋外サンドブラストを設置

ブラスト処理後

サンドブラスト処理完了

ボンネット

トランク

次は錆止め処理

S47年TE27レビン レストア開始part2に続く!