ブレーキ編

レストア前のフロントブレ-キ周り回り。部品点数が多いのと重量的に無駄を無くして精悍にしたい!

ニッシン異型4pot  ф34×ф30

O/H 洗浄してからサンドブラスト処理、そしてウレタン焼き付け塗装する。

Newシ-ル組付け

次はキャリパーサポートを一新!!

キャリパーサポート

軽量化も含めてアップグレードをする為に、アルミ素材から削りだし。

以前に作成した型を参考に一新!

 

 

右の旧タイプはステンレス材、今回はアルミ5052材

重量は半分以下と軽量化になる。

とりあえず仮付け。後はオフセットの調整と干渉部の削り!!!

テンションロッド

フロントブレーキ周りはほぼ完成

機械式サイドブレーキ

ホンダの小排気量用のフロントブレーキキャリパーを流用

サイドブレーキレバーは四輪車の物を流用するが、ワイヤーホルダー等はワンオフパーツ!!

 

次は作成パーツをばらしてのメッキ及びアルマイト処理!

硬質アルマイト等のメッキ処理が完成!

フロントブレーキ関係の本組に入る!

純正ボルトでは長さが合わない箇所がほとんど、軽量化と見た目も良くなるように正確な長さのボルトを入手!

 

 

やっと三輪が地に着いた!!

Part 4に続く