20年ぶりに里帰りをしたK100 RS MKⅡGP

サイドカー仲間からの情報を得て、オークションにて売りに出ていた自社製サイドカーを衝動的に買い戻してしまった!

15年くらいはガレージに眠っていた車両ではあるが、エンジンも掛かり走行距離も2759kmと低走行、程度は良さそうなので何とか復活させたい。

問題はブレーキ固着、ガソリンタンクの清掃、ステアリング固着、ウインカーランプ誤作動等、車検を取得するには結構な仕事量になる。

正月は例年通りにガレージに入り浸りになりそうだ!!

ブレーキ固着 O/H

簡単には固着ピストンは外れない旧車のブレーキシステム。

しかしながらこの作業は小生の得意分野。

やっぱり今年も正月休みは無さそうだ!

マスターシリンダー組み立て

ピストン固着があったシリンダーには大きなダメージも無く、ホーニング作業にて再生は出来そうだ!

カー側のブレーキラインの詰まりがある為、特殊マスターでフルードを圧送してラインを掃除する。

キャリパーも外して点検

強制圧送でエアー抜きを実施!

実走行2759kmと低走行な故のブレーキ固着とラインの詰まり。

 

何とか解決出来そうだ!!

ガソリンタンクの異物

アルミタンクは錆びないっと、安心してはいけない!

ガソリンに混入されている不純物が堆積して、石の様な硬い異物化になる!

やっぱり旧車は手強い相手になる!!

タンク洗浄

内蔵式燃料ポンプとレベルゲージを外してから洗浄液を注入!

高圧スティーム洗浄機で数回に分けて内部を洗う!!

かなりの量の異物が回収出来た。

かなり綺麗になった!

燃料ポンプもかなりひどい状態だったが、改良型にして組み込む。

ウインカー誤作動とキャンセラー不良

修理完了

配線カプラ内での接触不良解決!!

試乗

Part ②に続く!