自己紹介

名前

熊谷 義貞(Yoshi-Kumagaya)

生年月日

1954年1月31日

職業

24歳までヤマハ発動機㈱販売会社長野営業所に勤務、その後1979年、25歳から小県郡東部町(現:東御市)にオートバイとサイドカーショップのクマガヤオート(KUMAGAYA AUTO)をオープン。

オートバイ販売修理と市販社用のオリジナルハンドメイドのサイドカー制作を主な仕事としながら、国内のMCFAJサイドカーレースに出場3年連続チャンピオン獲得。

ちょうど30歳で(1985年)サイドカー世界選手権出場を目指してイギリスを拠点に家族で遠征。

41歳(1996年)までヨーロッパでの現役を続けた後は、二輪車部門では国内最大ブレーキメーカーNISSIN(日信工業㈱)のレーシングサービスエンジニアで、オートバイの世界選手権シリーズ(MOTO GP)に60歳まで(2015年)携わってきました。

ショップオーナー、レーシングドライバー、チームオーナー、そしてチーフメカニックという「2足のわらじ」ならぬ「4足のわらじ」を履いてのハードな生活を送ってきました。

17歳から60歳までモータースポーツの世界に携わり、60歳を期に日本を拠点に戻し、現在は自社のガレージで2輪車と四輪の旧車のレストア(トヨタ系)や空冷ポルシェの整備などを趣味と実益を兼ねて忙しい日々を送っています。

経歴紹介

10代(1970年~73)

10代半ば頃からバイクの虜になり、オフロードのモトクロスレースにのめり込み、近くの河川敷で毎日トレーニングの日々を送っていました。

15歳から地方選手権、そして中部6県シリーズ、全日本選手権に参加し、一時期は90cc、125cc、250cc、オープンクラスと4クラスを1日に出場していたこともありました。

いつかは頂点にと全日本選手権や地方選手権を転戦し、そしてプロになれる事を夢見て日本全国のレースに出場していましたが、度重なる膝の怪我に悩まされ、途中でその夢を諦める事になりました。

この頃には既に両膝の半月板と靱帯を損傷しており、丁寧な治療を怠ったことで通常歩行は何とか出来ても、全力疾走が難しくなっていました。

モトクロスに夢中になっていた10代の頃

河川敷でレース
Arrow
Arrow
1970年(16歳) - 関東選手権モトクロスレースに参戦(右から4番目得意のスタートで飛び出したヤマハATI改125cc)
ArrowArrow
Slider

20代(1974年~)

膝の怪我の影響もあり、モトクロスを諦めかけていたのですが、レースに対する情熱を消すことができず、何か他に出来る事はないかとあちこちのサーキットに出向きました。

その頃に出会ったのがサイドカーレースでした。

独特な操縦スタイル、地面すれすれのスピードと緊張感のサイドカーレース。

メーカー争いも無い、メジャーではない特殊な世界にどこか惹かれるものがありました。そして「これだったら自分に出来る」と確信、膝への負担はオフロードのモトクロスよりも大幅に軽減出来そう、自分にとっては未知の世界ではあったものの、すんなりと入り込む事ができました。

20代前半でサイドカーレースデビュー。初めは市販車ベースのサイドカーレースに出ていたのですが、次第に本格的なレースに挑戦したくなり、仲間たちですべてハンドメイドでレース用のサイドカー・ニーラを製作。

当時は国内にはサイドカーメーカーは無く、情報も皆無に等しい状態でしたが、専門雑誌や四輪のF3やFL500を参考にして他車を見よう見まねで手作りでフレームから作成し、スズキのGT750エンジンを載せて1年がかりで完成させて、一般道で走行テスト。

今思えば無茶苦茶な事をしていたように思いますが、当時はレースに対する情熱がものすごく高く、仲間達と充実した日々を過ごしていました。

24歳の頃、それまで勤務していたヤマハ発動機㈱販売会社を退社し、地元にバイク&サイドカーショップ「クマガヤオート」をオープン。

バイク販売修理の傍ら、一般公道用のサイドカーを型からFRP成型しハンドメイドで製造販売を仕事にし、趣味でサイドカーレースに参戦するという日々を送っていました。

当時は国内の経済状況が上向きで、クマガヤオートのサイドカーもバックオーダーで13ヶ月待ちというような状況でお店の経営も順調でした。

そして《クマガヤ サイドカー》の知名度が知れ渡った1980年代前半には、本田技研工業《HONDA》様より皇宮警察護衛用GL 1500サイドカーの試作のフレ-ム製作の依頼を受け、セッティングからテストまでを自社にて完成させました。

今ではテレビ等でしか見ることしか出来ませんが、《KUMAGAYA》の技術は現在も皇宮警察にてパレードや護衛などで活躍中です。

また、ある時には、北軽井沢の浅間牧場茶屋さんから「観光客用馬車」の作成依頼も頂き、4輪ディスクブレーキ付きの馬車を参考写真のみで図面なしで制作した事もあります。

30歳に近づいてくると、日本でのサイドカーレースも常勝していたものの「もっとレベルの高いレースがしたい、自分の力を試してみたい」という思いが強くなってきて、世界グランプリのサイドカーレースに出場してみたいと思うようになってきました。

当時の国内レースはアマチュアレース団体MCFAJ、そしてFIM公認MFJのプロ団体がありましたが、サイドカーレースは国際レース協会FIMの傘下ではないために国際ライセンスが取得できない環境にありました。

そこで、クマガヤオートのお客様でもあり、後に私の膝の主治医となって頂く星野秋穂先生(整形外科医)とイギリスに視察に行くことになりました。

渡英の主な目的は、世界グランプリのイギリス大会の下見観戦、そしてイギリス製のレーシングサイドカー(MGF)の輸入買い付け等でした。

イギリスGPのシルバーストーンでレベルの違いを目の当たりにし、日本のそれとは全く違う雰囲気に感動し、益々世界挑戦したいという思いが強くなっていました。

20代

1976年頃(22歳)に富士スピードウェイでサイドカーに参戦
Arrow
Arrow
1976年(22歳) - MCFAJ主催の富士スピードウェイで市販車ヤマハTX500改でサイドカーレースに参戦
ArrowArrow
Slider

30代(1984年~)

30歳を迎える頃、どうしても世界選手権へ挑戦したい思いを実現するために一念発起。

当時は英語力の無かった私は、膝の主治医である東京医科歯科大勤務の星野秋穂先生に協力して頂き、イギリスの競技団体のACU(Auto cycle union)に手紙を英文にて競技ライセンスの申請を行う。

数ヵ月後にACUよりライセンス許可が下りた、そしていよいよ1985年に夢の実現に向けて家族で渡英する事に。

当初は少しでも自分に可能性のある言語、英語圏であるイギリスを拠点に選択、ヨーロッパ選手権で年間総合3位以内を第一の目標とし、未知の世界の世界グランプリ出場権獲得に向けてスタートを切りました。

当時ヨーロッパ選手権で総合3位以内にならないと、翌シーズンからの世界選手権への参戦が出来ない為、多くのレースに参加しポイントを稼ぐ事がよそ者のJapaneseには必須でした。

1年目の85年はイギリス国内選手権やヨーロッパ選手権に出場、合計で23レースに参加。

結果が出始めた2年目の1986年、合計出走レースは30レースにものぼりましたが、ヨーロッパ選手権で年間総合2位になり、翌年から念願だった世界選手権フル参戦へと進みます。(英国選手権は1日に2レース消化)

86年もスポット参戦で世界選手権に出場する事もあり、ワイルドカードで出場出来た雨のベルギーGPで10位入賞を果たしましたが、フル参戦は翌年の1987年からとなりました。

渡英3年目の87年からは家族は日本に残り単身で遠征。パッセンジャーはイギリス人と組み英国のドーバー海峡近くのDealを生活の拠点にして、世界グランプリへの参戦が実現したのです。

世界グランプリフル出場は1987年から始まり、ベンツのトタンスポーターにキャラバン(キャンピングカー)を引っ張り、ヨーロッパ大陸の大移動がスタート。

10年間の世界GP出場で出場91グランプリを消化、90年の世界選手権ベルギー大会Spa-Francorchampsでは初めて世界選手権で3位表彰台を獲得する事ができました。

30代

Arrow
Arrow
1986年 - ヨーロッパ選手権チェコ・スロバキア大会
ArrowArrow
Slider

40代(1994年~)

1994年のホッケンハイムリンクで行われたドイツグランプリでは、決勝レース中に多重クラッシュに巻き込まれ、相棒であるパッセンジャーのサイモン・プライヤー選手(英国)を亡くしてしまった不幸な出来事もあります。

時速250キロでのクラッシュだったので、私自身も数十センチずれていたら他車の車体の直撃で、かなりきわどい状態でした。

マシンも大破し、一時は現役を引退しようかと迷ったのですが、ライバルチームの友人達や支援者の皆様の後押しもあり、現役を続ける決意をして43歳の1996年まで現役を続行。

引退間際の1995年より、長年にわたってブレーキパーツのサポートをして頂いていた日信工業様(NISSIN)から2輪の世界グランプリチームへ供給しているブレーキのレーシングサービスの仕事を依頼され、現役最後の2年間はレース活動を続けながらレーシングサービスの2足のわらじで世界選手権の裏方として携わる事になります。

ドイツGP.ホッケンハイムクラッシュ映像

40代

Arrow
Arrow
1995年 - サイドカー世界選手権オランダ大会(アッセン)
ArrowArrow
Slider

50代(2004年~)

50代になっても引き続きMotoGPでのNISSINレーシングサービスに帯同し、欧州を含め、アジアやアフリカ、アメリカ大陸、中東等世界中を転戦してきました。

レース同様全力で世界の頂点を目指し、レーシングサービスとしてオートバイ世界選手権(MotoGP)に関わって来ました。

厳しくハードな仕事でしたが、好きな世界での活動でとても充実した50代を過ごすことが出来ました。そしてサポートして頂いたNISSIN(日信工業㈱)様にはとても感謝しております。

50代

Arrow
Arrow
2010年 - motoGPで、レース前に青山博一選手と(Photo By H.Takeuchi)
ArrowArrow
Slider

60代(2014年~)

2014年の60歳を期に、30年間続けた世界を転戦するWGPから離れて拠点を完全に日本に戻し、本業であるクマガヤオートのガレージで仕事をする事を決意。

約30年間という長い年月世界中を旅した事で、時間的に不規則な生活のツケがきたのか消化器系の病を患い、一時期は好きなお酒も今までのように飲めなくなってしまいました。

ここ数年間は体調が回復するまで無理をせず、家庭菜園や自分の好きな旧車再生の趣味に没頭していましたが、最近ようやく体調も安定し、少しずつ仕事も増やす事が出来るようになってきました。

今までも自分の好きなモータースポーツ界の仕事に従事出来てきましたが、これからも大好きなオートバイと車の再生「妥協しないもの造り」にこだわっていこうと思います。

60代

Image is not available
Image is not available
Image is not available
Arrow
Arrow
2016年 - 仲間のレースの応援に菅生へ
ArrowArrow
Slider

※このページを作成するにあたり、WGPプロカメラマンのH,TAKEUCHI氏からご提供いただいた写真を一部に掲載しております。T氏にはこの場を借りて御礼申し上げます。