ポルシェ修理について(ほとんど趣味)

当社では、30年以上前から個人的な趣味として空冷ポルシェを8台乗り継いできており、メンテナンスも独自で行なってきました。

過去のポルシェ歴

  • 914 2.0S
  • 911S 69年 2.0
  • 911T 72年 2.4
  • 924S
  • 964 カレラ2 92年 tip
  • 993 カレラ 94年 tip
  • 993 カレラ 95年 tip-s (現所有)
  • 964 カレラ2 92年 MT (現所有)

ポルシェ専門店ではありませんが、趣味の延長で定番トラブルのオイル漏れはもちろん、足回りセッティング、ブレーキのオーバーホール等は、長年のモータースポーツの経験を生かして得意分野としています。

ポルシェSST(特殊工具)も自社の工作機械にてワンオフ製作しています。

ブレーキメンテナンスについて

ポルシェは、他車に比較して特にブレーキ性能が優れていると評価されています。

一般的な国産車より制動力が高いだけではなく、ブレーキペダルを踏んだ分だけ効き、抜群のコントロール性も持ち合わせています。

しかしながら、空冷ポルシェのブレーキは通常の状態では、まず故障らしい症状は見られませんが、ブレーキキャリパーのシール類は実際には経年劣化やブレーキ液圧でシールの磨耗や変形している事が多いです。

特にブレーキ鳴きは、パットとディスクのみの原因と判断をされている場合が多いのですが、キャリパーピストンの動きが不均等になっている場合が多く、それを改善することによって制動力はもちろん、コントロール性向上とブレーキ鳴きの解消につながります。

今後、レストアを含め、ブレーキのオーバーホール及びコントロール性向上のセッティング等に力を入れていきます。

空冷ポルシェのオイル漏れについて

ポルシェのオイル漏れには様々な原因があるので、一概にオイル漏れ即オーバーホールという事ではなく、原因をつきとめる事によって必要最小限の費用で修理する事も可能な場合があります。

まずは、実際に見てから判断する必要がありますので、オイル漏れの症状が見られる場合は、DIYのアドバイスのみも可能ですので、一度ご相談頂ければと思います。

現在保有するポルシェのご紹介

Porsche 993

購入した経緯

最初の94年式993カレラTipは2009年の9月に東京の某会社有名中古車店より購入、当時の走行距離は53000kmほど。

そして2台め95年式993はカレラTip-sは地元の友人より、下取り車という形で旧車TOYOTA TE27トレノと交換。

メンテナンス歴

同時に2台の993を所有する時期も有りメンテナンスに大変、定番のエンジンからのオイル漏れが有りましたが、2台ともエンジンを半分下ろしてオイル漏れ修理の修理を施しほぼ完璧な状態に修復。

20年ほど経過している固体だけにセンサーとレジスターの電装系も定番故障と思われる事はすべて新品部品交換を実施、現在では快調に走っています。

Image is not available
Image is not available
Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

Porsche 964

購入した経緯

2015年2月頃、既に空冷ポルシェの値段が高騰し始めた時期、若い頃に乗っていたナローポルシェのマニュアルシフトの感覚が忘れられず、空冷マニュアル車が欲しくて探していた時に、兵庫県の某有名ポルシェ店よりでの上物が出た為即座に購入。

 

メンテナンス歴

購入後2年位してからエンジン後部よりオイル漏れ発生。これも空冷ポルシェの定番作業でエンジン半降ろし、タペットカバーとチェーンカバーパッキン、ロッカーアッムシャフトOリング等出来るところはすべて実施で完璧に修復できました。

Image is not available
Image is not available
Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider