長年放置されていたサビ錆のTE27改〔公認済み〕

縁があって、TE27レビン改を隣町の元ダートラで活躍した選手より数ヶ月前に譲り受けました。

部品が外されほぼドンガラなので、移動用の車輪を取り付け作業場への移動。

すでに昨年末からレストア作業に入っている1972年式事故車レビンを一時作業停止し、4リンクレビンの再生にスイッチ。

手強そうなサビと腐りに、どう立ち向かおうか?

他の車両レストア依頼も進行中な為、さらに老体にムチを打たねば!!!!!

とりあえず部品の整理と欠品部品の確保

外装パーツの再生

ボンネット、トランク、ドア左右と外れている外装パーツをサビの進行が進む前に手を入れる。

ボンネットとトランクの板金、塗装剥離、サビ止め。

屋外サンドブラスト

次世代のオーナーの為に徹底したサビ止め処理 POR15塗布

あと4~50年は持たせるように手は抜かない!!

続く!